ごわごわアンダーヘア薄くケアする方法!

アンダーヘアが濃くてごわごわする。薄くしたい

夏になると毎年アンダーヘアがごわごわして蒸れるんです。

 

ごわごわして濃いアンダーヘアだと汗をかきやすいので、なんか臭いもしてそうだし。

すそがになってないかな?とか不安でした。

 

私も夏になるとアンダーヘアが濃くてごわごわしてると痒くなったりて掻きたくなることもありました。

でも、人前でデリケートゾーン周りを掻いてる女ってどう見えるのかな?と思いますし、掻きにくい部位なんです。

 

アンダーヘアがごわごわと濃いと水着を着る時も処理しないと着用できません。

夏場はアンダーヘアがごわごわと濃いと蒸れるし、ビキニもハミ毛がでるのでアンダーヘアの自己処理が必要でした。

濃いアンダーヘアを薄くするために、最初は自己処理でハサミを使用してアンダーヘアを切りました。

 

しかし、コレが最悪な結果に・・

ハサミでごわごわのアンダーヘアを薄くしようと切ると、チクチクしてツンツンと太いアンダーヘアが立つんです。

パンツからはみ出そうな位の勢いでアンダーヘアがツンツンします。

これではチクチクして気持ちが悪いです。

 

何か良い方法はないのかな?

私は、ごわごわのアンダーヘアを薄くする方法を本気で調べてみました。

すると、自宅でできる方法やサロンやクリニックに通う方法などごわごわのアンダーヘアを薄くする方法がわかりました。

それからはごわごわのアンダーヘアを薄く方法を実践する事でイメージどうりのふわふわのアンダーヘアになれました。

お金はかかりましたが、確実にごわごわのアンダーヘアが綺麗になりました。

 

濃いアンダーヘアがごわごわする原因と対策

アンダーヘアがごわごわして蒸れて嫌なので、解消するために原因を調べてみました。

 

アンダーヘアが濃いとごわごわに

アンダーヘアが濃い女性はそれが原因でごわごわします。

アンダーヘアが濃くて密集しているため毛がごわごわとした感じになるんです。

アンダーヘアがごわごわする程に濃い状態ではデメリットが多いです。

 

アンダーヘアが蒸れて汗がでてしまい、すそがになりデリケートゾーンが臭うという事もあります。

また、水着やビキニを着る際に自己処理をしないとビキニラインから毛がはみ出てしまいます。

男性もエッチの時に女性があまりにもアンダーヘアが濃くてお尻の穴まで毛がびっしり生えていたらヒクでしょう。

 

生まれつきアンダーヘアが濃い女性は、アンダーヘア自体を薄くしない限りはごわごわは解消されないんです。

もし、自分のアンダーヘアが濃くてごわごわして悩んでいる女性の方は、アンダーヘア自体を薄くするしかありません。

手間をかければ自己処理でも可能ですが、多少のお金と手間がかかります。

プロに任せればアンダーヘア自体を薄くしたり無くしたりもできます。

 

アンダーヘアがごわごわを薄くふわふわに改善する方法

 

濃いアンダーヘアがごわごわして悩んでいた私はアンダーヘアを薄くふわふわにする方法はないかな?

もしくはアンダーヘア自体全部無くしてしまう方法はないかな?と本気で調べてまくりました。

 

自宅でアンダーヘアのごわごわを解消する方法

 

濃いごわごわしたアンダーヘアを薄くするために最初はハサミで切りましたが失敗でした。

ハサミでアンダーヘアを切ると切った毛先が尖ってしまいチクチクツンツンとしてしまいます。

アンダーヘアは薄くなるんですが、触った感じがチクチクします。

 

しかも、下着を着用すると尖ったアンダーヘアがパンツからはみ出そうな勢いです。

コレでは彼氏がさわったらチクチクしていかにも処理してんなあという感じです。

もっと自然な感じでふわっとさせたいと思いました。

そうしてたどり着いたのが、以下のアンダーヘアのごわごわを解消して薄くする方法です。

 

vライントリマーでヒートカットしつつトリートメントを使う

vライントリマーにはヒートカット機能がついています。

ヒートカット機能とは、熱線で毛先を焼いて丸くカットする事です。

 

ハサミと違い毛先を丸くかっとするので、濃いごわごわのアンダーヘアでもカット後にチクチクしません。

カットに時間がかかりますし、毛を焼くのでお部屋が焦げくさくなりましたが、綺麗にアンダーヘアを処理できました。

vライントリマー自体も5000円以下の商品が多いので購入しやすいというメリットもあります。

自宅であまりお金をかけずに、手間が多少かかっても良い方はvライントリマーがおすすめです。

 

私が使ってみて一番良かったのはLCラブコスメのvライントリマーとシナヤカウオッシュというアンダーヘア専用トリートメントのセットです。

 

LCオリジナルのvライントリマー詳細はコチラ>>

 

 

脱毛器ケノンで自宅脱毛する

濃いごわごわのアンダーヘアをいったん全部無くしても良い方は、家庭用脱毛器ケノンがおすすめです。

ケノンは家庭用の光脱毛器で高い出力があるため自宅で脱毛サロンに近い光脱毛ができます。

私も実際に使ってみましたが、永久脱毛ではないものの一度毛が生えなくなると長期間毛が生えない状態を維持できます。

 

ただ一点問題があります。

ごわごわするアンダーヘアを薄くするには、一度アンダーヘアを全て剃ってから全体に光を照射する必要があります。

この時は一時的にアンダーヘアが無い状態になります。

アンダーヘアを全部無くしたい方は、そのままアンダーヘアを全て剃って照射を続ければいいのですが、薄くしたい方はそれだと困ります。

薄くしたい方は、アンダーヘアを剃ってアンダーヘア全体に光を照射して毛細くなるまでそれを繰り返す必要があります。「

ケノンは永久脱毛ではないので、必ず毛が生えてくるので、アンダーヘアが生えなくなる心配はないですが、まだらになる可能性があります。

そのため、アンダーヘアを全部無くしたい方にはおすすめですが、薄く残したい方にはあまりおすすめできません。

 

アンダーヘアの残し方にもよるのですが、アンダーヘアを薄く残したい方はケノンでアンダーヘアの生える範囲や形を小さくして、残したヘアをトリマーで毛量を整えるという使い方なら確実です。

 

サロン等でプロに任せてアンダーヘアごわごわを解消する方法

 

美容外科クリニックで永久脱毛をする

医療レーザー脱毛で永久脱毛をする事ができる美容外科クリニック

最近では料金も安くなり、アンダーヘア全体が脱毛できるvioライン脱毛が5回~6回、7~10万円位で完了できます。

アンダーヘアを全部無くしてツルツルにしたい方、短期間でアンダーヘアの範囲を狭くしたい方におすすめです。

 

脱毛サロンで脱毛する

脱毛サロンの光脱毛でアンダーヘアの範囲を狭くしたり、アンダーヘアを薄くすることができます。

アンダーヘアを全部剃り数回の光脱毛を受ける事でアンダーヘア全体を薄くすることはできますが、新たに生えてきた毛がマダラになる可能性もあります。

確実にアンダーヘアを綺麗にしたい方は、最初から全て無くすか、範囲のみ狭くしてもらい毛量はvライントリマーで減らすのがおすすめです。

脱毛サロンのvio脱毛は効果がキッチリ出る回数である18回で12万円前後です。

 

費用を抑えてごわごわアンダーヘアを薄くできた方法

色々調べた結果、脱毛サロンやクリニックのvio脱毛でごわごわするアンダーヘアを綺麗にするためには費用が10万円以上かかるとわかりました。

私はそんなにお金を出したくないなあと思いました。

色々調べた結果、水着のビキニラインからはみ出る部分の毛を脱毛するだけなら、ミュゼプラチナムという脱毛サロンのキャンペーンで1000円以下でやってもらえる事がわかりました。

とりあえずは、ビキニラインの両サイドを格安の脱毛キャンペーンで脱毛してもらい、残った部分のアンダーヘアはvライントリマーで自分で処理すれば費用を抑えてごわごわの濃いアンダーヘアを薄く綺麗に整える事ができるとわかりました。

 

ミュゼでアンダーヘアの範囲を狭くして貰って良かった

私は濃いアンダーヘアのごわごわを解消するために、ミュゼの両わき+vライン脱毛完了コースに申し込みました。

本当に安いキャンペーン料金だけで脱毛できるのか?

最初は凄く不安でした。

 

しかし、実際にミュゼに申し込み初回のカウンセリング予約をしてお店に行ってみると以外とちゃんとした対応で安心しました。

普通にキャンペーンコースだけでもいいけど、他コースとかvライントリマーとかクリームとかの軽い勧誘はありました。

でも、強制的に買わされる雰囲気でも無く。

今すぐはいりませんと言えばそれ以上しつこく勧誘されませんでした。

 

それからミュゼに通う事2年。10回位脱毛するとvラインの両サイドはツルツルになりました。

残っているアンダーヘアもvライントリマーのヒートカット機能でマメに処理していたので、常にアンダーヘアが薄く綺麗な状態にできました。

お尻の穴の周りまで毛が生えるほど毛深い女性以外は、ミュゼのvライン脱毛とLCオリジナルのトリマーの組み合わせで十分対応できると思います。

私はこの方法で、あまり費用をかけずにごわごわのアンダーヘアを薄くできました。

 

ミュゼでvライン脱毛完了コースを予約する>>